聴力の低下を感じたらおすすめのサプリメント!

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!

聴力の低下が気になり始めたら・・・

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!年齢を重ねると、聴力の衰えが私生活上のトラブルの元になるものです。

 

耳が聞こえづらい、それが生活の苦になり、精神的にも落ち込むこともあります。

 

当サイトは、聴力の低下が気になり始めた方に向けて立ち上げました。

 

聴力は低下すると回復できない、そんなイメージが定着していますが、回復に良いサプリメントが出ています。また、近い将来のために、聴力低下対策を始めたい方にもおすすめはサプリメント

 

古くから、耳の聞こえに良いと言われてきた「蜂の子」を使用したサプリメント情報をまとめてみました。

蜂の子サプリメント ランキング

美聴泉

美聴泉

おすすめポイント!

美聴泉は、1日3粒で厳選された耳に良い成分が補えるサプリメントです。天然成分にこだわり、カプセルも植物性を採用しています。

 

ヨーロッパで古くから親しまれているナギイカダエキスやピンカマイナーをはじめ、イチョウ葉エキス、トケイソウを配合。

 

耳鳴りなどの元になるストレスに働きかけ、血行を促して聴力回復をサポートします。

 

商品価格 10,800円

公式サイトへ

花菜の厳選蜂の子

花菜の厳選蜂の子

おすすめポイント!

花菜の厳選蜂の子は、とくに耳鳴りの症状を抱えている方におすすめしたいサプリメントです。

 

蜂の子は産卵から26日弱のものを厳選し、乾燥・粉末化したものを使用しています。そこに、耳に良い他の成分も配合。

 

リラックス作用のあるクアンソウや、血流やめぐりを良くするイチョウ葉エキス&ナギイカダエキスを加えています。

 

1日たった3カプセルで、蜂の子約750mgと、有効成分が補えます。なお、医療品の製造基準であるGMPに準拠した工場で製造されている安心のサプリメントです。

 

商品価格 3,880円

公式サイトへ

山田養蜂場 蜂の子

山田養蜂場 蜂の子

おすすめポイント!

山田養蜂場の蜂の子は、普段の何気ない会話で聞き取りにくくなった、耳鳴りがするなどの症状におすすめのサプリメントです。

 

生後20日頃の雄蜂の子のみを厳選しており、厳しい品質基準をクリアしたもののみを使用しています。独自の酵素分解技術をもって成分も吸収されやすくなっています。

 

蜂の子の栄養素をしっかり摂りたい!そんなアナタにおすすめです。ギャバやビタミンB2・B12も含まれており、耳鳴りや難聴の原因になるストレス対策もサポート

 

1日分(4粒中)に蜂の子が720mgも配合されています。高配合であり、研究によると12週間で効果が実感できるとのことです。

 

商品価格 4,572円

公式サイトへ

加齢による聴力低下とこころの問題

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!聴力が低下するのは高齢者というイメージが定着しているかと思います。

 

事実、年を重ねるごとに聴力は衰えていき、若い頃には聞こえていた一定の音域が聞こえにくくなります。

 

聴力低下が必ずしも高齢と結びつくわけではありませんが、加齢とは密接な関係があります。

 

大体30代になると、聴力が衰え始めると言います。意外と早いですよね。ゆるやかに進行していくので劇的な変化がなく、聴力の低下に気付きにくいものです。

 

気付けば、テレビの音量をあげないと聞こえづらくなった、人との会話中に聞き返すことが増えた、なんてことも。

 

加齢による聴力の低下は難聴に分類され、中でも「感音性難聴」と言います。音そのものは聞こえるのですが、言葉が聞き取りにくいイメージです。

 

聴力の低下は日常生活にも影響しますが、懸念されるのが、精神的なストレスです。人との会話についていけない、コミュニケーションがとれにくくなるなどのトラブルから、精神的にストレスを感じ、イライラするなど、心身ともに落ち込んでしまうものです。

 

そのような状態を防ぐためにも、早めに対策を始めましょう。まだ軽い段階でしたらサプリメントで回復が見込めます。また、異変を自覚したら早めに検査や病院で診察を受けることも重要になります。

 

聴力回復のためのトレーニングや、補聴器を使用するなどの方法で、聴力低下の問題を解決することもできます。

聴力低下に加えて「めまい」をおぼえたら注意

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!「耳が聞こえづらい…」という聴力低下の症状に伴って、「めまい」の症状が出ることがあります。この場合、聴力が低下しているだけと比べると、重い状態です。

 

まず、めまいの症状自体が危険と考えられています。これは、生命維持の危険信号とまで言われる症状です。

 

軽く思われがちなのですが、めまいが関連するものとして、さまざまなびょおうきが考えられます。

 

耳との関係でいうと、「中耳炎などの手術、内耳障害(中耳腫瘍)、メニエール病」など。

 

また、全身の病気や脳の病気が関係しているリスクもあります。

 

たかがめまい、耳が聞こえづらいから、と軽くみてはなりません。何らかの病気が隠れている危険もあるため、早急に診察および検査を受けることをおすすめします

 

検査では、体のふらつきをみる検査や聴力検査などを行います。早めに専門の病院で原因を究明しましょう。

 

また、めまいが起きたときの対処法としては、安静にすることです。休める場所にいたら、椅子に座るなどして楽な姿勢をとりましょう。

 

出来るだけ静かな場所で目を閉じるだけでも落ち着きます。めまいの予防には、良質な睡眠や休息、ストレス対策など、生活習慣の改善が効果的です。

耳鳴りは難聴・聴力低下の前兆?

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!耳の症状でもっとも多くの方が感じたことがあるものといえば、耳鳴りではないでしょうか。

 

キーンっと耳の中で響くような耳鳴りの症状は非常に身近であり、一時的におさまるため、あまり気にされないことが多いと思います。

 

しかし、耳鳴りもめまいと同様に、体の異変のサインかもしれません。また、難聴や聴力低下の前兆とも考えられます。

 

加齢によって起こる難聴、加齢性難聴になると、耳鳴りの症状が出やすいとされています。外から聞こえてくる音をキャッチするはずの内耳が加齢により衰え、それを脳がなんとかカバーしようとすることで起こるのです。

 

根本的な原因としては、耳の中の血流が悪いためとされています。したがって、血流を良くすることによって解決できます。加齢性難聴は早い人で40歳頃から出はじめる症状で、動脈硬化など生活習慣病にかかっている人ほどなりやすい傾向にあります。

 

思い当たる方は、早めに耳鼻科などの専門の病院を受診するようにしてください。基本的には耳の血流を良くする薬の服用で改善されますが、補聴器などでの治療法も行うことがあります。

 

また、難聴や聴力低下は必ずしも加齢が原因ではありません。身近な原因でいうとストレスがあげられます。ストレスにより、若い人でも、突発性難聴という突然耳が聞こえなくなる難聴を発症することもあります。

 

耳鳴りも、ストレスが関係しているという説もありますので、異変を感じたら念のため病院で調べるようにしましょう。

難聴とは対極?耳が聞こえすぎる「聴覚過敏症」

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!「聴覚過敏症」という症状をご存知でしょうか。文字通り、聴覚が過敏になっている状態をさす耳の病気です。

 

一般的に耳の病気では、難聴などが知られており、とにかく「耳が聞こえづらくなること」が症状と思われやすいのですが、それとは対照的に、耳が聞こえすぎてしまうという病気もあるのです。それが、聴覚過敏症です。

 

聴覚過敏症になると、普通の環境音も騒音に感じるような状態になります。

 

これは耳の病気というよりは、精神的要因が大きいとされています。

 

自律神経の交感神経が敏感になっているため、耳の神経が興奮状態になり、耳が過敏になっているとされています。つまり、精神的なストレスなどが主な原因とされています。

 

ただここで、耳の病気ではないからと放置してはなりません。放っておくと、これは精神的な負担になるので、うつ病など深刻な病状に進行するリスクがあります。

 

異変を感じたらまずは耳鼻科を受診し、その後、必要な場合にカウンセリングや心療内科などを受診するとよいでしょう。

糖尿病の合併症からくる耳のトラブル・聴力低下

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!今現在日本国内では、「糖尿病」が問題になっています。食生活の変化などを背景に、発症率が増加していると言います。

 

糖尿病自体は命に関わるような病気ではありませんが、怖いのはその先に待ち受ける合併症です。

 

糖尿病の治療を受けずに放置していると、命も落としかねない合併症を発症することがあります。また、糖尿病は耳の病気とも関係があります

 

実は、糖尿病を発症していない人に比べると、糖尿病患者の方が聴力を損傷するリスクが約3倍ほど高くなるというデータがあります。

 

糖尿病による血糖値のコントロールのトラブルから、血管や神経に障害が及び、そこから聴力低下を引き起こすと考えられます。糖尿病と聴覚障害の関係については研究が行われています。

 

聴覚障害を起こさないためには、糖尿病の進行を防ぐことが重要です。適切な治療を受けて、食生活は生活指導の通りに正しく整えましょう。

 

また、糖尿病になると、腎臓や心臓疾患の病気を合併するリスクもありますので十分に注意が必要です。

 

動脈硬化の人は加齢性難聴にかかりやすいとも言われているので、生活習慣病も対策するようにすると、難聴対策になるでしょう。

聴力の低下を回復させるには?

聴力の回復におすすめのサプリメントはコレ!聴力の低下は加齢とともに発生しやすいトラブルですが、若い人でも起こる健康上の問題です。

 

たとえば、ミュージシャンの方は仕事柄、大音量が身近な環境になっています。

 

その環境下で仕事、生活をしているため、聴力が下がった、難聴になったなどの話もよく聞きます。最近でも、難聴を告白しているミュージシャンがいました。

 

これは繰り返し大音量を聴き続けることにより、耳の細胞が壊れてしまうからです。細胞は一度壊れると治るものではないため、聴力の回復は困難です。

 

なるべく大きな音を聞き続けないようにする、早期発見なら休養をとることで耳の調子の悪化を防ぐこともできます。

 

一般人の人でも大音量が起因で難聴になることもありますし、耳掃除不足や耳掃除のしすぎも原因になります。

 

しかし、難聴になっても早めに検査や診察を受けて、適切な治療を始めると、回復が見込めることもあります。

▲TOP